週刊少年ジャンプ32号 雑感

www.shonenjump.com

 

ジャンプが被災による配送の遅れから無料配信とのことで

別に購入勢と言うわけでも何でもなかったけども

久々にジャンプという雑誌を読みふけってしまったので

軽い感想のようなものでも書いてみようと思います。

 

 

ゆらぎ荘の幽菜さん

現在のジャンプのいわゆるお色気担当な漫画。

美少女絵の記号をちゃんと技術的に使用しているので

ジャンプのお色気枠としては新しいというか進化しているんじゃないかと思います。

 ToLoveるより肉感的なのも個人的には好みです。

キャラクター人気投票については初見ですがこの順位に納得というか

この投票結果と同じような感じでキャラクターを捉えられたので

キャラデザとして正しいし上手いと感じました。

 

約束のネバーランド

これはストーリーで魅せるタイプの漫画という印象で

内容的にどういう状況なのか全く把握できなかったので何ともかんともという感じです。

全体の流れで評価するタイプの漫画に見えました。

 

ONE PIEACE

ワの国という日本をテーマにした舞台が登場する回。

とりあえず確認できたのは葛飾北斎の冨嶽三十六景と諸国瀧回りの表現。

他にもどこかで見たことあるような日本の表現が豊富に盛り込まれていて

尾田先生の気合いの入れようが見てとれます。

 

鬼滅の刃

ネットの評判で面白いと噂はよく聞いていたのですが

この漫画を見ると何よりまず高橋留美子先生の犬夜叉を思い出します。

黒髪の表現方法なんかを見てると吾峠先生は

留美子先生の隠れ(?)フォロワーだったりするのかなーと思ったりしました。

今回の情緒的な内容からも似た雰囲気を感じました。

 少し描写に分かりづらいとこがあったのと刀の一文字が何かが気になりました。

 

ブラッククローバー

アニメ化もされて以前からこの作品が少し気になっていたけど

今回の内容が明らかにギャグテイストだったので

イメージが完全に壊れてしまって混乱してしまった。

ブラッククローバーってこんなノリなの!?

 

火の丸相撲

最初読んだ時はとても真っ当な内容に感じたけど

見返してみるとさも当然のように相撲裁判をしているこのシチュエーションはおかしいw

この周囲にいる相撲取りたちは誰なんだとか思ったりしたけど

 それを普通に読ませるこの漫画力は凄い。

地味だけどとてもちゃんとしている印象を受ける漫画です。

 

Dr.STONE

約束のネバーランド同様

物語の流れが掴めなかったので何ともなんですが

作画の描写レベルのバラつき具合が気になりました。

Boichiという作画担当の方は青年誌で何度か見かけたことがあるのですが

とても絵が上手い方なので変に子供ウケを狙わない方がいいんじゃないかなと感じました。

 

ぼくたちは勉強ができない

この漫画も結構人気があるような話をネットで見るのですが

お色気枠的な意味での人気だとばかり思っていたら

ちゃんとラブコメをやっていたので驚きました。すいません。

(これはきっとまとめサイトの私意的な引用画像のせいだ!)

 

アリスと太陽

コンビニで表紙になったのを見たとき

これは明らかにジャンプと違うノリを感じたけど

 こういうのも連載するようになったんだなあというのが印象的でした。

ですが読んでみると確かな画力と漫画力は持ち合わせていて

こういう漫画を面白く見せているのには素直に関心しました。

 

田中誠司

よくわからないけど一番勢いを感じた漫画でした。

設定がメチャクチャだけど何か面白かったです。

一番笑えたのがアカリンのモブっぽさだったので

重要キャラらしいしもうちょっと可愛く描いてあげてほしいと思いました。

 

紅葉の棋節

将棋漫画だけどちゃんとジャンプやってる、という感じでした。

ただモノローグが多かったのでやはり漫画で

将棋の内容にまで踏み込むのは難しいのかなと感じました。

 

食戟のソーマ

見直していて気づいたのが叡山というキャラがヒカ碁の緒方さんだ!

という感じで作画の佐伯俊という方は小畑健先生フォロワーなのかなと思ったりしました。

パッと見綺麗だし漫画も読みやすくて上手いのですが

この絵柄の系統の弱点として世界観がリアル系に寄りやすいのと

デザインの統一が難しいことが挙げられると思います。

なのでこの手の絵柄だけを見て上手い/下手を判断はしたくないなと考えています。

 

BORUTO

これを見たとき感じたのは明らかにドラゴンボール!ってことなのですが

単に似ているとかそういうことじゃなくて

ドラゴンボールの作風を受け継ぐ意思のようなものをこの作品から感じました。

岸本先生が監修する意味がそこにあるのではないかと思ったりしました。

 

ハイキュー!!

ジャンプで一番絵がノッている、絵が走っているとかんじたのがこの漫画でした。

バレー描写は文句なしに最高なのですが

ほぼバレーだけでドラマの部分が足りなかったのが惜しいと感じました。

今週は偶々そういう回なだけだったのかもしれません。

週刊でこのクオリティはスゴいと思いました。

 

呪術廻戦

この漫画も相当なセンスと実力を感じさせる作品だと思います。

個人的にはこういうシンプルな白黒描写と面白い漫画であってこそのジャンプ漫画だと

思うところがあるのでジャンプ的な立場としても頑張ってほしい作品です。

高身長アイドルの個別握手会だとかミーハーな心情描写とか

変に凝っているところも面白いです。

 

キミを侵略せよ!

強制手繋ぎ回だったのですが

いくらなんでも手繋ぎでスカートの履き替えは色々と無理があるんじゃないの!?

って思ってしまいました。

ここまでさせといて粘着物質のことすら言えない信頼関係って流石にどうなんだろう?

宇宙人バレはしてるみたいだしよくわかりません。

 

アクタージュ

ジャンプで演劇をテーマにする漫画と聞いて素直に難しいだろうなーと思ったのですが

それをこの絵柄で真正面からぶつかっていたのですげえってなりました。

この作品がジャンプの幅を広げているのは間違いないのでその影響で

アリスと太陽みたいな漫画も入ってきたのかなと思ったりしました。

 

ノアズノーツ

どういう内容なのか知らずに読んだけど普通に良い話だと思いました。

ただこういうのは紅葉の棋節の将棋内容が分からないのと同じで

主人公が謎を解いてもいまいちカタルシスが得にくいというか

設定に意味付けするのが難しそうで大変だろうなと思います。

 

 銀魂

漫画の完成度が異常に高まっていると感じました。

画力はもちろん、ギャグやシリアスの配分など

銀魂という作品の在り方を完全に理解して

漫画を描いてる域に達しているように思えました。

神楽の体型が変化したり語尾にアルが付いてなかったり

よくわかんないとこもあったけどこれまでの間に色々と何かあったりしたんだろう。

という感じです。

 

 

まとめとしてはジャンプ結構面白いやん!!

ということでいつの時代でもつまらんつまらん言われてるほど

悪くはないのが実情なのかもしれません。

それに加えてヒロアカとたまにHUNTER×HUNTERだったり

ジョジョだっったりこち亀など(あとワートリの復活希望など)があるのだから

全然大丈夫というかジャンプは50周年でも平常運転なのだということだと思います。

 

 最後に被災した地域の無事を祈りつつ今回の特別配信に感謝します。