temu38のブログ

ゲーム、漫画、音楽、映像などの作品について色々書いています

ベイビードライバー 雑感

   ベイビー・ドライバー(通常版) [Blu-ray]

「ベイビードライバー」は所謂、車モノの映画で

車がたくさん登場する映画です。

 

カーチェイスのシーンになると

BGMが切り替わってスタントをバリバリ使って

街中の道路やら交差点やらを駆け巡るのが

 車映画のよくあるパターンだと思います。

この映画でも最初からいきなりその手法が使われているのですが

他と映画と違うところとして

主人公が実際にイヤホンから音楽を聴いているという設定があり

それらの曲を映画を通して聞いているというのが

この映画の最も魅力的で面白いところでした。

 

そのシーンでなぜその曲が流れるかというと

主人公がその場でその曲をipodで選曲して聞いているからという

最も明確な理由付けがあった上で映像が作られているので

観ていてすんなりと主人公にそしてこの映画自体に感情移入することができました。

 

 車のシーンだけでなく、会話シーンすらも

この映画ではカーチェイスのように仕立て上げられてしまうのも面白かったです。

また華やかなシーンが流れるだけでなく

ダークでハードな部分もしっかりと描かれています。

特にジェイミー・フォックスのキャラと演技が良い意味でえげつなくて

観ていてヤバかったです。

 

ただそんな時でも主人公は頑なに音楽を手放さず

ひたすらにドライバー任務に徹する

正にノーミュージック・ノーライフな映画です!!

 

結果として車好きのための映画とはちょっと違うかもしれませんが

それ以上にカーアクションの演出やその手法について考えさせられる

とても興味深い映画になっていると思います。

ちょっと長かったけどとても面白かったです。

あと主演のアンセル・エルゴート

F1チーム、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン

どうしても見えてしまったのでF1好きな人にもオススメです。

 


BABY DRIVER - 6-Minute Opening Clip

 

スーパードンキーコング2 BGM「パイレーツ パニック」雑感

 


[Donkey Kong 2 OST] Klomp's Romp

 

夢のお告げを聞いてスーパードンキーコング2を始めました。

今回はその最初のステージ「パイレーツ パニック」ステージのBGMについて

書いてみたいと思います。

 

ステージを開始すると突然メロディも何もなく

よくわからない効果音が鳴り出します。

ステージが船であることから船のきしみ音らしいと思われます。

自分がステージの状況を理解しだしたところでようやく

ドラムのリズムがフェードインして来ます。

 

次第に陽気なメロディが流れて調子がノッてきた時に

あのスーパードンキーコングのリズムが帰ってきた!

と実感が湧いてくるのです。

 

前作スーパードンキーコングの代表するような曲

バナナジャングルステージにの衝撃を思い起こさせるような

曲にしたかったんじゃないだろうかと

改めてプレイしてみて感じました。

 

あとこのドラムのリズムとメロディは

どう考えてみても野球の応援歌に合っていると思うので

どこの球団でもいいから是非使ってほしいです。

 

 スーパードンキーコング2 ディクシー&ディディー

ω Labyrinth Z (オメガラビリンスZ) 雑感


オメガラビリンスライフ -Switch   【PS4】ラビリンス ライフ

 

8月1日(おっパイの日)にローグライクとおっぱいの夢の共演、

オメガラビリンスライフ 」が発売されました。

何の因果か、それに吸い寄せられたかのように

自分も最近ローグライクにハマっていたので

とりあえずその前作にあたるオメガラビリンスZ」を

購入してプレイするに至りました。

(初代オメガラビリンスは携帯機のため見送り)

 

       【PS4】オメガラビリンスZ

 このゲームの主なお色気要素として挙げられるのは

・ダンジョン内に存在するω(オメガ)パワーを入手すると

胸がどんどん膨らんでいく特殊演出があること

・イベントやスキル習得の際にコントローラー操作での

お触り系の演出などがあること

・アイテム識別の際にL3ボタンとR3ボタンを使ってぐりぐりしながら

パイずり(!?)するというものです。

 

f:id:temu38:20190816060707p:plain

 ・頑張ればなんとZカップまでいける仕様。

でもダンジョンを出ると初期サイズに戻ってしまう。(´・ω・`)ショボーン

 

 f:id:temu38:20190816060728p:plain f:id:temu38:20190816060739p:plain

・ お香を焚いて悶絶覚醒させてスキルを取得!(左)

女の子をいっぱいタッチして喘がせよう!('ω')ノイエー

・不確定結晶(未識別アイテム)をしごいてアイテムを鑑定(右)

 識別するのにこの発想はなかった。

最近の識別の巻物はありがたや~ (--)ナンマンダブー

 

 

ダンジョンを攻略しながら

胸もレベルも育てていってはHなイベントを拝むというのは

男の夢と浪漫とローグライクの見事な融合を果たした

とても素晴らしい評価できる部分だと思います。

 

しかしその際、気になってくるのがエロとゲームとのバランスです。

当然のことながらダンジョンの攻略中に胸が大きくなるカットインが入ったり

温泉でお触りイベントが発生したり、パイずりでアイテムを鑑定したりしていては

ゲームのテンポは悪くなるばかりで・・・でもそれはいいのです!

それを望んでプレイしているわけだから。

 

エロ自体は何も悪くはないのですが

エロ目的のゲームプレイには

ゲームとエロの主従逆転が付きもので

必ずどこかの段階でゲームの方が邪魔になったり

面倒になったりするタイミングというのが経験上必ずあります。

プレイは杜撰になり、画面上の全ては既視感で溢れて

まだ見ぬエロCGのみを求めて作業を繰り返すようになったりします。

そんな時に支えになるのが基本となるゲームシステムなのですが

果たしてこのおっぱいゲーにシステムがどれくらい耐えうるのだろうか?!

とても心配です。

 

いわゆる萌えとゲームの相性に感じる違和感は

そこらへんにあると思うのですが

だからこそ、この2つの要素の関係性は

まだまだ追及できる部分は山ほどあると思うので

オメガラビリンスに限らずこういった感じのゲームが

より良くなっていくことを期待したいです。

 

ファミ通 1600号 71ページより

f:id:temu38:20190816094305j:plain

 《バスト・阿・ムーブ師匠の教え》

ゲーム内のエロは気を付けないとゲームを崩壊させる危険性があり、

かといって存在する以上は賢者に陥らずにちゃんと向き合う必要もあるという

姿勢をちゃんと表しているように思えたので引用させていただきました。

 

 
【PS4/PS Vita】オメガラビリンスZ 公式プレイムービー「胸膨らむ冒険編」

ソニックマニア・プラス 雑感

   ソニックマニア・プラス 【限定版同梱物】・アートブック (36P) ・SONIC MANIA PLUS Original Sound Track (CD2枚組) ・メガドライブ風リバーシブル仕様ジャケット ・特製ボックス 同梱 & 【Amazon.co.jp限定】メガドライブ風PC&スマホ壁紙 配信 - PS4

何事においても重要なものの1つに信用性というのがあります。

ゲームにとってそれはルールだったり判定基準だったり操作性だったりします。

それを確認していくことでゲームプレイが上達していくことも楽しみの1つです。

 

そうやって築き上げた感覚が普段と違ったり、毎回異なるようなことがあれば

その部分に対しては信用性のない、不安定な要素である事実を

受け入れた上で物事を進めていく必要があります。

 

アクションやシューティングなどの

技術を求められる類の ゲームにおいては

単純なミスや不調が原因だったりすることもありますが

今まで培ってきた絶対的な経験や感覚が失われようなことがあると

それはもう自身の感覚、もしくはそのゲーム自体を疑ってしまうことがあります。

 

最近そういうことが増えて来ていて

それはゲームに対する老いであり引退の時期なのかもしれません。

でもその後、それらのジャンルに対してどう付き合っていけばいいのか?

そのまま放ってしまうというのではあまりにも薄情というか

そんな浅い関係で今までやってきたのかという気になったりして

モヤモヤしたまま今回紹介するソニックマニア・プラス」をプレイしたのですが

 

 楽しい!

 

正直ソニックの速さに操作が全く追いつかない。

というか、そんなにアクションを要求してこないけど

なんかよくわかんなくてもジェットコースターみたいで楽しいです。

メガドライブ版の2Dソニックは突っ走りすぎると

ミスを誘う仕様だった気がするのですが

今作はマップの縦横無尽をダッシュして、どこへどんな風にいっても

そこまで困らず最後まで進めることができました。

 

さすがに終盤になるとステージも複雑になってくるのですが

どのステージもとにかくギミック満載のアトラクションみたいで

次に乗るジェットコースターを求めて遊園地を歩き回る気分みたいでした。

ボス戦やボーナスステージもとにかくアトラクションじみてて

流石はSEGA!流石はソニック

ユーフォーキャッチャーのBGMを聞いて

ワクワクするあの感じがよみがえってきました。

 

もちろん、ちゃんとしたやり込み要素も充実していて

カオスエメラルドやボーナスコインの入手などは

一筋縄ではいかない要素もちゃんとあるのですが

個人的な感想としての「ソニックマニア・プラス」は

複雑な操作性を要求せずに

2Dアクションゲームを単純なエンターテイメントとして

とても楽しむことができました。

 

ゲームと不確定要素というのは

切っても切れない関係だとは思うのですが

これからもこれらと上手く付き合っていければと思っています。

 


『ソニックマニア・プラス』プロモーション映像

 

フードファイタータベル 雑感

     フードファイタータベル 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

フードファイタータベル」

週刊少年ジャンプの巻末に「ピューと吹くジャガー」が載らなくなって以来、

ギャグ漫画自体から縁遠くなっていたのですが

ふと本屋でこの漫画を見かけたことをきっかけに

再びうすた先生の漫画と巡り合うに至りました。

 

個人的にギャグ漫画と言えばうすた先生!というくらい

多くのギャグ漫画は影響を受けていると思うのですが

その分どのギャグ漫画を読んでも悪い意味で

うすた先生の影を感じるようになった気がします。

 

フードファイタータベル」は大食い漫画をテーマにしていますが

ギャグがどうこうというよりはそのテーマにちゃんと則った上での

ネタであり、キャラクターがあるという基本的なことを

ちゃんとできているということが漫画として何より大事な部分だと感じました。

 

うすた先生自体、割とテーマをほったらかしにする作風だと思うのですが

今回に関しては必要以上に真面目に、

真正面からテーマにぶつかって行く姿勢を見せています。

 それが逆に不自然なように感じることもあるのですが

弱点を克服するというか総合力が上がったというか

ギャグ漫画家というより漫画家として一皮剥けて成長している感があります。

 

実際、漫画として相当技量のある描写が山ほどあるし、

だからこそ、それをぶん投げる時の気持ち良さというか

うすた節の魅力にも磨きが掛かっているので

そういう部分が好きな人は焦らず堪えながら

まだかまだかと待ち構えながら読み進めてほしいです。

 

 結果として大食い漫画として、というよりは

1つの漫画としての評価になりましたが

結局ギャグ漫画でもストーリー漫画でも

基本的なことを抑えた上での面白さである、ということではないでしょうか?

ギャグとしてはキレが減ったかもしれませんが

その分、深みとコクが増してよりまろやかなうすたワールドを体験できると思います。

 

 食欲をそそるかどうかは分かりませんが

食べ物漫画としてはかなり異色な存在なので気になった人はぜひ読んでみてください。

 

FATE Grand Order ウエハース 6 の足跡

     Fate/Grand Orderウエハース6 (20個入) 食玩・ウエハース (Fate/Grand Order)

FATE Grand Orderのウエハース菓子があるのですが

それを食べ続けること31食、期間にして3ヵ月ほどにて

ようやくこのウエハースを食べ終える決心をつけるに至りました。

 

目当てはもちろん、おまけのトレーディングカード

ウエハースの方も美味しいのですが

食べ続けるほどにホワイトチョコレートが胃にもたれる感じでキツかったです。

神羅万象チョコの方は普通のチョコなので何枚でもいけてた)

 

何気ない気持ちで食べ始めたこのお菓子でしたが

BBなるキャラクターを引いてからというもの、

その魅力に惹かれて(特におっぱいが)

もう1人の魅力的キャラクター、パッションリップたんを引くまでは

続けてみようと気長に食べ始めることにしたのでした。

 

 一度の購入で1、2食

毎日食べるのもアレなんで日を置きながら続けている内に

どれも同じように見えていたコンビニも

FATEウエハースがあるかないかだけで見え方が変わるようになり

通いやすさやとか品揃えなんかまで意識したりするようにまでなりました。

 

これだけでも普段とは少し異なる日常というか

ちょっと視点を変えるだけで見つかる新しい発見というか

そういうのが結構あったんですが

 その間にも色んなカードが出たり、被ったり、

そのカードを引いた時の状況や心情、タイミングなど

 そういうこと自体が一種の占い的な感じで

日々の生活のちょっとした楽しみになっていました。

 

正直、 FATEに詳しいワケでもないので

よくわからないキャラがダブったりすると

なんか笑えたり落ち込んだりもしたんですがとりあえず、

なんとかお目当てのキャラクターを引き当てるところにまで

辿り着けることができました!

 

最後にパッションリップたんを引いた時の

「あ、もうこのウエハースを食べなくていいんや!!」というこの終わった感、

自分の中で何かが終わるという感覚を久々に経験することができました。

 

いわゆるガチャ中毒と呼ばれる症状は

時間とか空間、リアルな体験を通り越して

それを引きたい、引かせたいという部分のみに

特化した状態なんじゃないかと思ったので

ガチャがもっと豊かになれば世の中も豊かになるんじゃないかと思います。

 

 f:id:temu38:20190526073925j:plain

 お気に入りのキャラクター、左から

パッションリップ(R)、BB(N)、アルトリア・ペンドラゴン(SR)

 

ロックマンゼロ2 雑感

f:id:temu38:20190320161201j:plain

先日、ロックマンゼロ2をクリアーしました。

前作のロックマンゼロで既に満足してしまうほどの出来栄えで

そこから続編をどうやって進化させていくのか、

予想もつかないままにプレイしたのですが

今作も相当にヤバイ出来栄えになっていました。(良い意味で)
 

ゼロシリーズだけでなく、ロックマンシリーズでも

当然と思われていた前提をこうも覆してくるのか?!

と言うくらい驚きの連続で

いったい次はどんな仕掛けが待ち構えているのか?

未知の難しさに対して不安になりながらも

それが楽しみで何とか最後までプレイすることができました。

f:id:temu38:20190320183917p:plain

今作で新登場した謎のキャラクターのエルピスが

良くも悪くも予想外な存在で先の展開に一喜一憂したりしたのですが 

ゲームの面でも次々と迫り来る困難に打ち勝ったり、負けたりで

個人的な体験としてロックマンゼロ2は

エルピスを象徴したかのようなゲームになっている感じがしました。

 

とにかくアクションが豊富で前作を超えた出来映えになっています。

ロックマンゼロシリーズは全部で4作品、

未プレイがまだなんと2作品も残っている!?

一体、この先どうなってしまうのか?楽しみです。

 

f:id:temu38:20190320180707j:plain

初っ端のボス、ヒューレッグ・ウロボックル戦から

いきなり空中足場の上での戦闘を求められる。

落下するともちろんミスになる。

f:id:temu38:20190320180713j:plain

パンター・フラクロス戦では2台の走行中のトラックの上でのバトルが熱い!

トラックとトラックの間の壁を利用すると安全に戦える。

f:id:temu38:20190320180720j:plain

中盤では爆弾解除を行うシエルの護衛イベントが発生。

通常とは違うアクションと臨場感が新鮮。

f:id:temu38:20190320180700j:plain

終盤は前作に登場したボス、ヘラクリウス・アンカトゥスが

クワガスト・アンカトゥスと共に登場する。

ドラマチックバトルを彷彿とさせる演出が熱い!

 参考動画元

https://www.youtube.com/playlist?list=PLvYoyJX-LBnV5oep8nrAWhM0J7uJBkLJY

 


Japanese TV Commercials [1567] Rockman Zero 2 ロックマンゼロ2